社協って?

家の画像

社会福祉協議会(社協)は、地域の民間福祉活動の拠点として、地域福祉を総合的・計画的に推進する事を目的に設立された組織であり、 民間組織としての「自主性」と広く住民や社会福祉関係者に支えられた「公共性」という2つの面をもっています。 また、社協は地域福祉推進の第一線の機関として社会福祉法第109条に「地域福祉の推進を図ることを目的とする民間団体」と規定されています。
社協では、すべての人たちが幸せな生活を送れるよう、福祉を必要としている人を中心に近隣の住民やボランティア、専門家などによって見守りや助け合い活動を組織化し、住民の福祉活動の参加推進、連絡・調整などを行っています。
全国には、全国社会福祉協議会をはじめ、各都道府県、市町村それぞれに社会福祉協議会が設置されており、全世帯に会員になっていただき福祉コミュニティづくりをしています。
※コミュニティ…地域の人たちが、自らあたたかい心のふれあいで、お互いに理解しあい連帯意識をもって、快適でやすらぎとうるおいのある地域社会を作っていこうとする場

活動に必要なお金は
・公的財源…国県市町村からの補助金や委託金
1民間団体としてでなく、みなさんと共に住みやすい地域づくりを中心となって進めていくという公的な役割を担ってているため公費を受けています。
・民間財源…社協会員会費、寄付金、共同募金などによる配分金をみなさんの声に応えるために創意工夫しながら新しい福祉問題に取り組み、地域で支え合う、あたたかなまちづくりを進めるために欠かせない大切な財源です。